CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
LRF StreetPunk/Oi!/Skinhead/Mod/Casual
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    Read All Abaht It!
    0
      帯完備国内盤 アマゾン(マーケットプレイス)で¥360て……
      ……値割れが 酷どすぎるでしょお! シモンズ先生かて傷つくワィ
      けど日本語版のライナーブックレットにはマジで心揺さぶる
      シモンズ先生(WOWOWジーンシモンズのロックスクールな。)
      の実にありがたいお言葉が…
      「俺は毎日失敗してる。成功してる回数よりも失敗の回数の方
      が多い。しかし何度失敗したって関係ない。何度勝つかが問題
      なんだ。俺は何度かしか勝ちを経験したことがないが、しかし、
      大きく勝つ。その一つがKISSだ!」 
      ありがとおございます。 それと同時にライナーノーツで 
      シモンズ先生のこの格言 日本語で引用した人がエライ!
       伊藤政則/ MASA ITOH (パッと見、マサ・サイトーて読んでしまう
      けども常に)__嗚呼ナルホド。

      大阪城ホールでAC/DCの出待ちしてた時 関係者通用口から出て来た
      この方に 「セーソクさん、アンガスわ?」と確信犯的に不躾に訊ねた
      ボクら輩 にもかかわらず 「いま楽屋でプレス相手にサイン会やっ
      てる!」と思いの外ハラショなレスポンス
      それからご存知か、メタル・ゴッドの異名を持つこの方が、実は、
      エンジェリク・アップスターツ1st「横っ面を一撃」のライナーを
      残してることを。

      こっから〜〜〜Sweet,...eh? 改め RUBBISH!!! innit?〜〜〜
      パンク・ロックの国内盤、特に ピストルズ、クラッシュ、ジャムとかの
      連中のライナーノーツて読んだことあるわね  アーティ・ファーティ
      とはよう云うたもので 固体(糞)にさえ成れへん 屁 だな。
      最低でも基本大学出が  オープンキャンパスで、ゼミに、代弁を、の
      傍ら日本に PUNK ROCKを寝憑かせたから 性質が悪い コレわ。
      どうゆう物言いかは完全に忘れましたが
      クレイジーケンバンドのヴォーカルの人がインタビューでいみじくも
      言うてました___ロックてゆうのは どこか ちょっとインテリの
      学生が好む音楽で 我々の時代の不良は ソウルとかR&Bの
      黒人音楽を聴くものだった____わかるような気がする。

      結局 我が国でいうパンクロックてゆうのは未だ 少年メリケンサック
      以上でも 以下でも ない これが厳然たる事実なんです かなしい哉

      追伸;
      けどな、メタル・ゴッドによる パンク・ライナー・ノートだけは今でも読むに値するぞ。
      | Printed Matter | 03:08 | - | - | - | - |
      zine of the day
      0
        思うところあって ピンポイントで ヤフオク検索
        したところ 比較的安値で ありました 
        明星1980年(昭和55年)10月号 
        増してや 新学期特大号(!)
        資料的にも そらぁ マストでしょう

        ボクは どんだけ 学校の勉強疎かにしてたのでしょうか
        広告ページの このギタリストのイラスト と 
        めちゃめちゃグレードの低いこちらの美容モデルさん 
        特に脳に深くすり込まれてました 
        ちょっとトリップです

        ↓ FACE BOOK(?)
        何が この子達を 面出し へと突き動かしたのでしょうか 
        正直今見ても 変な顔のヤツばっかりで なんか 腹立ちます
        憤りを禁じ得ません 未だに 必死かっ! 勉強せぇ!

        ↓コレを もう一回確認する必要がありまして
        __スターのスニーカー50足
        NIKE が 我が国に上陸し始めた頃です やたら ナイロン・コルテッツ
        多いです 芸能人です さすが 
        恐らくですよ、運動靴を アメリカンに ナウく スニーカーと呼び始め
        たのも 丁度この頃ぐらいですか
        ↓ 赤に銀の ナイロン・コルテッツといえば トシちゃん が際立って
        ましたが 写真のように 芸能界ではかなり需要がありました
        ↑ さすが。我等が 北野広大先生はアディダス・アテネ 

        アディダス の広告といえば やっぱり サッカー雑誌が つよいです

        けど この時代にタイムトリップが叶ったとしても
        そこは 言うても アディダス なかなかの値段してます 
        よって 大量に購入などとゆう 夢は叶いませんね



        100本映画の コ〜ナ〜〜〜〜〜
        ボビー・デニーロ フィーチャリング作 x 2
        二本共 ド下手に言うて ハートウォーミング 作品

        其の三  バング・ザ・ドラム (Bang The Drum Slowly)

        売れる前から 全く恥じる所ない 達者な デニーロ師 
        ちょと アタマのトロい プロ野球選手役 
        ↓ 仲間のスター選手たちと TVショーで歌う この件り最高 素晴らしい。
         
        其の四  アイリスへの手紙 (Stanley and Iris)
         工場の食堂で働く 文盲の調理師 故に 調味料と殺虫剤を
        間違いかけたことで職を失い 家を失ったせいで 父親を
        老人ホーム へ入居させる 映画史上 最も 淋しい 件り。 
        なんて ブルーな 場面 なのか!
        | Printed Matter | 03:32 | - | - | - | - |
        Zines of the Week
        0
            
          一週間かかりっきりでしてん!読むのに。 ウソやけど。
           
          eBay お目見えする度に引く手数多のいわゆるミニコミ・ファンジン、
          Proper MAGAZINE。
          そら オークションも盛り上がるとゆうものや。なあ。
          ネット主流のこのご時世に わざわざ紙媒体でファンジンて……とは
          世界中のフッティ・カジュアルズの総意。が、「パソ・コン持って
          ババ行くヤツは居らんやろ」が 編集者の 理由。 なるほど。
          兎に角 その表紙が Proper。
          下段向かって右から創刊号(既に リイシュー版)、
          adidasのJOGGING? まさに Proper。 横 ミッレで第二号。 
          ひとつとばして四号、
          ORIGINALSの 箱たち(!)表紙に持って来るかねへぇ。 Proper!
          あ、プロパーて日本の百貨店用語(ウチの母上達言葉!)では 定番品の事
          指してますけども、本来の英語の意もそうですが、こっちの プロパーは
          で読み解いてみてください。

          ↓ 尚、太ぉなりすぎた(成長しすぎた)記念すべき第十号 は現在入手可能
          ですが もはや普通のメンズ雑誌。そないに Properでは ないな


          100本 映画 のコ〜ナ〜〜〜〜〜〜〜
           其の二  グッド・フェローズ  GOOD FELLAS

          オレ撰定 有害映画 堂々のナンバー1である
          なーんでか? それはね、
          「使える暴力」の描写が過ぎる(リアル過ぎる)から

          格闘技の試合で見られるパンチ・キックは鍛錬の賜物であって
          ボクみたいな素人がそれを観て真似ようが 距離間、当て勘が 
          アカン 事になって ほとんどの場合効き目も………?
          けど この映画の 使える暴力 最短でムダなく誰がやっても
          効きます。但し 出来る 邪悪さと残忍さとガッツがあればの話

          ダウンした相手の顔面を 踵で 擦る様に 連続で致死量 
          ↓ 踏み下ろす いわゆる デニーロ・キック最中のデニーロ
          ↑ デニーロ師 初監督作 「ブロンクス物語」 マフィア
          vs ヘルス・エンジェルス の乱闘の件りに於いても
          この踏付け(デニーロ・キック)の演技指導あり
          スコセッシ共々 相当暴力に精通してるとお見受けします

          ↓ ルームミラー越しに 相手を確認 完全にやる顔
          この後 ピストルの 握りの部分で ドツキ捲る 
          ある意味 最も有効な拳銃の使い方をみせる 

          ↓ 出来る限りベロを見せた 品性下劣な 笑顔
          こうゆう手合いは きっと こうゆう笑い方するはずだ
          ___________________でわ でわ Later-r-r-s! Mate
          | Printed Matter | 02:03 | - | - | - | - |