CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
LRF StreetPunk/Oi!/Skinhead/Mod/Casual
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    The Shape Of Things To Come
    0
      水飲み場までは 案内してもらえたとして
      飲むか 飲まんかは 自分次第なんでね(…て、ワシャ馬か)

      またか。 やっぱりか。
      俺がか。 その作業もか。 とも思うけども

      惜しむことなく KNOWLEDGEや WISDOMを分けてくれる

      温いもん や GUTS を差し入れてくれる

      人たちが居てるとゆう

      その事だけでも いっこ 成功のカテゴリーと違いますか




      | Poetry | 04:32 | - | - | - | - |
      Strictly Rhyme
      0
        シャム この辺な。

        We're the people you don't wanna know
        We come from places you don't wanna go

        おれたちのことを きみたちは 知りたがらないし
         きみたちが行きたがらない所で おれたちは生まれた
        _____from 'Angels With Dirty Faces' by Sham 69

        うん! シンプルで旨い! 
        けど さりとて
        難儀やわ、逆に。 訳すのんが コレわ。
         
        もいっちょ シャム。
        I don't know where I am going
          but I'm gonna get there soon

        何処へ向かってるのか判らない
         けど もうすぐ 其処に着く
        ____________________from 'That's Life' by Sham 69

        何が食べたいか判らんけど 軽く 何か食べたい 
        みたいなことでもあるかもしれんし
        ま、見失おてるんでしょな アイデンティティを
               

        経てから ジャム。 

        put on the kettle and make some tea
        it's all a part of feeling groovy
        put on yer slippers turn on the TV
        it's all a part of feeling groovy

        ヤカンを掛けて お茶を入れる
         こいつが何よりの楽しみ
        スリッパを履いて テレビを点ける
         こいつが何よりの楽しみ
        ___________from Smithers Jones by The Jam

        …て、そっとしといたって。 
        お茶すすりながらテレビ観ることだけが
        気分はグルーヴィーな  ジョーンズ氏のことは。もう。

        ついでに 同ジャム Private Hell

        Alone at 6 o'clock__you drop a cup___You see it smash
        __の SMASH!が ジャムのギグでグローリーボーイズが余所の
        モッズ達に仕掛ける 合図だったそうですゼ。 コレわ。

                     ___________ ごっそさん!




        | Poetry | 03:06 | - | - | - | - |
        Strictly Rhyme
        0
           But 2 o'clock has come again
           It's time to leave this paradise

           Hope the chip shop isn't closed
           'cos their pies are really nice

           I'll eat it in the taxi queue
           Standing in someone else's spew

           Wish I had lipstick on my shirt
           instead of piss stains on my shoes

          Angelic Upstarts 「長距離走者の孤独」と同様
          英国の ワーキング・クラス作家、アラン・シリトー作品
          「土曜の夜と日曜の朝」に ド触発されたであろう
          テリー・ホール詩 
          THE SPECIALS 「Friday Night Saturday Morning」

          とりたてて REBELの内容ではないけども この詩
          稚拙な訳文乍ら だいたいこの辺りのヴァース

          (本日)二回目の 2じがやって来て
           もはや このパラダイスを 離れる 時間

           あの揚げ物屋(CHIP SHOP)がまだ開いてるといいのだが
           あっこのパイは メチャ美味いから

           そいつをタクシー待ちの列に並んで食べる
           誰のかわからん ゲロの上に立ちながら

           ションベンのとばしり が靴にかかるよりわ
           シャツに口紅痕 のほうがよかったのになぁ

          どないだ? 
          ハナ金で 土曜の 朝がえり ソング
           
          ええかっこしてアラン・シリトーの 作品名出してはみたが
          小説て ダメなんですぅ 嫌いなんですぅ なボクみたいな
          モンにとっては、云うても 80年代初頭のうたですが、
          見事な切り取り くり抜きに 英国労働者階級の一端も
          垣間見える とゆうもんや。なあ。

          小説はギヴアップ けど 映画は どうだ
          ま、「土曜の夜と日曜の朝」の方は… 別に……。

          Oh、ほたら 100本映画のコーナ〜〜〜

          と云うわけで 其の七 長距離ランナーの孤独 
          (Loneliness of the Long Distance Runner)

          二十年程昔、朝日新聞日曜版で映画の秘話を紹介する
          有意義な記述があった(今もあるのかはもはや新聞
          とってないよって 知らん。)この映画にも秘話があって
          極端な話、作品同様撮影秘話にも政治レヴェル
          ではない 生活レヴェルの階級闘争があり
          なんやったら作品そのものより エキサイティングで
          興味深い読み物で、オックスフォード出の監督
          (トニー・リチャードソン)対 労働者階級出の主演俳優
          (デーブ・コートネイ)作家兼脚本家(アラン・シリトー)
          のアプローチの違いは 丁度、ワーキングクラスパンク詩人、
          ゲリー・ジョンソン作詩ザ・ビジネスの階級闘争ソング
          「Suburban Rebels」(郊外の高級住宅地に住む
          中流家庭パンク=トム・ロビンソン・バンド達を偽者注意
          とした内容)を思い起こさせる……
          ……て、ここで又 歌詞の件へ戻るのんっ?……
          …… 小説嫌い… 長文不得手… 堪え性のなさっぷりが
          ここら辺に露呈してしまうのでしょうか……
          まあええわ。
          長距離ランナーが立ち止まって ニタリとする大メインクライマックス
          の件り、監督は「笑うな!」と叫んだそうです。
          アプローチが違うってねえ。


           
           
           
           

          | Poetry | 04:04 | - | - | - | - |